横浜・浄土宗のお墓 横浜・浄土宗の法事 横浜・浄土宗の葬儀 お寺での結婚式七五三 悩み事相談 悩み事聞きます 

 仏 事
分かっているようで知らない、仏事の疑問にお答えします。
葬儀の事、法事の事、お戒名の事・・・。その意味は?どうして行うの? そんな疑問を考えていきましょう。
法事とは?
 法事とは、亡くなられた方に対する追善供養・仏事の総称であり、元来は仏教用語で「お釈迦様の法を知る」という意味がありました。次第に一般的な仏事を指すようになり、今日のような年回忌追善供養仏事の意味に狭められていったと考えられています。 
 いずれにしても、家族・親族・知人等、故人とのご縁をいただいた方々が、在りし日のご恩に感謝をし、葬儀時と同じく年忌正当年に故人の冥福を祈る大切な機会であると同時に故人の思い出を語り合い、もう一度自分の生き方を見つめ直す機会でもあります。
葬儀はどうして行うの?
 葬儀式とは一般に葬式とも言いますが、正確には葬送儀礼式と言い、家族親族が亡くなられた肉親の冥福を祈る儀式の事を言います。
 告別式とは故人の友人、知人が最後の別れをするために、葬儀に引き続き会葬者全員で遺骨を墓地に埋葬する前に行なう儀式でした。しかし最近では、一般の会葬者が火葬場まで行くことが少ないため、告別式は焼香を中心に行なわれるようになり、葬儀式と告別式を同時進行で行う事が主流となっています。
お戒名を授かる意味は? 構成は?
 宗旨・宗派によって戒名・法号・法名など呼称が違いますが、ここでは「お戒名」としてお話します。
 「お戒名」とは仏さまの世界に行ってからの名前と思っておられる方が多いようですが、それは正解とは言えません。戒名とは読んで字のごとく「戒(かい=いましめ)を授かった後に与えられる名前」のことです。 戒とは簡単にいえば、仏教徒として、人間として守っていかなくてはならない誓い。行ってはいけない事を守る約束事という意味です。その戒を受ける儀式を「授戒(じゅかい)」と言い、その時に「お戒名」は授かるものなのです。
 現在では、 通夜・葬儀の時に「お戒名」を授かりますが、本来「お戒名」とは、生前に授かるものなのです。
 しかし「檀家制度が成立した江戸時代に、仏弟子として授戒を受けていない人でも仏式葬儀を行えるようになり、生前に「お戒名」を受けていない人に対して、葬儀・通夜時に「お戒名」を授けるという歴史の名残りが、現在の常識となってしまったのです。
お盆にお墓参りをするのはなぜ?
 お盆は父母や先祖に対し感謝を捧げ、供養するための仏教行事です。正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といい、親孝行の大切さを説いた経典の教えがその始 まりとされています。
 期間は7月13日~15日までの3日間で、13日の「お盆入り」で霊が自宅に戻り、15日の「お盆の明け」で霊界に戻るとされていま す。
 先祖の霊が年に1度、在世に戻る期間なので、お墓を清めてお参りをし、感謝の気持ちを表しましょう。
永代供養墓を探すには?
 最近は、生涯独身で過ごす人や子供がいないご夫婦など、お墓を承継する人(祭祀継承者)がいない家庭が増えています。また、家族に墓参りの負担をかけたくないという人も少 なくありません。そういった方々のために建てられているお墓が永代供養墓です。
 墓地の管理者が永代にわたって遺骨を管理、供養するお墓のことで、経営形態も 通常のお墓と同様に公営、民営、寺院墓地の3つに分かれます。
 元々は、身寄りのない人や無縁になってしまった人のために、寺院で造られた供養墓ですが、現在の永代供養墓は、公営の公園墓地や民間の霊園にも多数ありますので、永代供養墓を探す時には、親身になって相談にのってくれる、僧侶、石材店、霊園業者を探す事がより善い方法です。
 行 事
 淨念寺では年間を通じて、以下の法要を行っております。檀信徒様は勿論、ご参詣ご意志のある方はお問い合わせください。
 春・秋お彼岸明け(最終日)には、ご参詣の皆様と一緒に木魚を打ちながら「明け念仏」をお勤めしております。お念仏の後には、手作りの粗飯をご用意致しておりますので、様々なお話しをしながら、淨念寺の春・秋の情緒を楽しんでください。
修正会
1月1日
 この一年を健やかに過ごせるよう、新年元日に前年の悪行を反省しそれを正し、社会の平和と人々の幸福、更には五穀豊穣等を祈ります。無事新年を迎えられたことをご本尊阿弥陀如来様に感謝致します。
涅槃会
2月15日

 お釈迦さまの亡くなられたことを「涅槃」といい、この日には「涅槃図」を掛けてお釈迦さまの遺徳を偲び、その教えに感謝をします。
降誕会(花まつり) 4月8日
 お釈迦様のお誕生日です。花御堂にお釈迦様の像をお祀りし、甘茶をかけ、お釈迦様お誕生の様子を再現し、私達を教導いて下さったお釈迦様のお誕生をお祝します。
盂蘭盆会(7月13~15日) 7月15日
 『盂蘭盆経』によると、お釈迦様のお弟子目連尊者が餓鬼道に落ちて苦しむ母を救うために、お釈迦様の教えに従い7月15日に百味飲食をお盆に盛り、夏の修行を終えた僧侶たちに供養したところ、その功徳によって母を救うことができたという「目連救母」の説話に基づきます。この故事に従い、7月15日のお盆供養は現在の父母のみならず、7代の父母霊位も救いうると考えられ、現在では大切なご先祖供養行事となっています。
施餓鬼会 8月7日
 『救抜焔口餓鬼陀羅尼経』によると、お釈尊様のお弟子阿難尊者が瞑想していると、口から火を吐く恐ろしい餓鬼あらわれ「お前は3日後に死んで、我々と同じ恐ろしい餓鬼道に落ちる」告げられました。恐れた阿難尊者がどうしたら免れることができるかをお釈尊様に尋ねたところ「その苦から免れたければ、仏・法・僧(三宝)に供養しなさい。また無数の餓鬼たちに食物をほどこして供養した功徳によって餓鬼も救われ、その功徳によって阿難も救われるでしょう」と説かれました。
 施餓鬼会はお釈尊様に教えをいただき、阿難は寿命を延ばすことのできたという説話に基づきます。この故事に従い餓鬼だけではなく、先祖代々霊位はもとより、広く無縁の諸精霊を供養し、また同時に自分自身の福徳延寿を願う行事です。
仏名会 12月中
 「過去・現在・未来」の三世の諸仏三千のお名前(仏名)を称え、南無阿弥陀仏のお念仏を称え 礼拝 して罪深い自分自身を懺悔する法要です。
成道会 12月8日
 なに不自由のない生活を送っていたお釈迦様は、人の世が「老・病・死」の苦に満ちている事を知り、29歳の時に出家しその苦しみから脱出する道を求めたのです。
 苦行難行を経験したお釈迦様は、35歳の12月8日に菩提樹の下で「お覚り」を開かれ『仏陀』となられました。
 この尊い「お釈迦様のお覚り」の日を記念して行う法要です。
彼岸会  3月春彼岸会(春分の日を含む前後3日間の1週間)
 9月秋彼岸会(秋分の日を含む前後3日間の1週間)
お彼岸会は日本特有の行事で、その起源は聖徳太子の頃と言われています。春分秋分の日に、太陽が真西に入る様子を見ながら、阿弥陀様のお住まいになる西方極楽浄土に想いを馳せて、前後3日間に渡り仏道修行を1週間実践します。