横浜・浄土宗のお墓 横浜・浄土宗の法事 横浜・浄土宗の葬儀 お寺での結婚式七五三 悩み事相談 悩み事聞きます 

淨念寺の歴史
鎌倉臼居家菩提寺として建立
 1540年代に臼居杢右衛門胤知公(鎌倉臼居家3代)が家来30人、足軽300人を伴い、現在の野庭町(野場)来郷と伝えられます。
 後、永禄7年(1564)3月25日胤知公は、鎌倉大町安養院より「昌蓮社深譽上人呑霊大和尚」を招き、安養院末寺として野場郷字前田に開山(蔵王山正定院淨念寺)施主となりました。
 千葉介親胤公(千葉氏21代→1557年8月7日没享年17歳)=総泉寺殿長山昌暾大居士(月窓常圓眼阿弥陀仏)及びその重臣として使えた、臼居惣右衛門守胤公(臼居家初代=杢右衛門胤知公の父=總見寺殿長山昌撤居士→1557年8月7日没享年87歳)の菩提を弔うために建立されたと伝えられます。
 代々住職が臼居家菩提を弔い、第11代信蓮社單譽上人順達大和尚による鎌倉18番観音札所「霞堂」建立等中期中興が行われました。
 
 昭和に入り諸堂老朽化に伴い、第30代住職照蓮社赫譽賢明上人により、1965年本堂改築をはじめとし、霞堂(観音堂)、庫裏、客殿、墓地全ての増改築整備等々が施され、昭和平成に渡る中興大事業を経て、2014年には開山450年を迎えます。
淨念寺の概要
所在地


TEL

FAX

代表

アクセス
〒234-0056
神奈川県横浜市港南区野庭町1843

045-842-7288

045-842-7228

橋下 賢明

{電車でお越しの方}
  港南台駅から徒歩20分
{お車でお越しの方}
  日野ICから約15分
大きな地図で見る